農協

農協の対応は地域によって大差があるらしい

こんにちは。農業女子ブロガーゆかたん(@AgriBloger)です。

 

わたしの祖母は農家です。

わたしが農業に興味をもち始めたのは幼い時、祖父母の畑で農作業を体験したり、祖父母のつくった野菜をたべてきたからだと思います。

 

現在は高齢に伴って半分引退したようなものだけれど、今もすこしずつ野菜は作っています。

わたしが農学を学びに上京したときは驚いていたし、農協職員になったときもきっと驚いたんだろうけど、それでも応援してくれていました。

 

先日、何年かぶりに祖母の家に遊びに行ったときに農協の話になりました。

そこで言われたのは、「〇〇農協は行っても挨拶ひとつもない。」ということです。

 

各農協の対応には差があるらしい

祖母の住む地域のあるJAは対応がすごく悪いと言っていました。

わたしが属していた農協とはエラい違いだったのでびっくりしたんです。

 

だって、組合員(農家)さんが農協に来ても挨拶すらしないそうなんです。

対応もそっけない感じで、印象が悪いとのこと。

普通は組合員さんがきたら挨拶をするのは当然です。

 

なぜなら、農協は組合員のためにあるからです。

一般的な会社でいう取引先やお客さんのようなものです。

顧客や消費者がいるから自分がお給料をもらえるという感覚になると思うんです。

 

農協は組合員(=農家)のためにある

そもそも歴史的には、農協は農家が作った組織なんですよ。

 

農作物の販売や資材を発注など、歴史的に立場の弱かった農家が組織を作って、自分たちのために運営していたものです。

だから農協の組織図っていうのは、トップに組合員(農家)がきます。

 

その農協の組合長ではないんですよね。これは知られていないかもしれないですけど。

そして組合員の下に我々、農協職員がきます。

今や農協職員は農家じゃない人間で構成されることがほとんどですが、農協は農家のためにあるんですね。

 

(お客様は神だから組合員も神だろという感覚は違うんですけど・・・なにやっても許されるわけではないですよもちろん。)

って考えたら、農協職員が組合員に挨拶しないなんて逆にすごいと思いませんか?

 

取引先やお客さんに挨拶をしないことってありますか?

ないですよね。笑

 

挨拶ひとつで農協の評価はわかる

職員が挨拶ひとつもできないということは、その農協の対応も目に見えてくるもんです。

おそらく、自分だけ給料がもらえればいいという考えなのでしょう。

 

まともな対応のできない農協にやさいを出荷したいと思いますか?

結局その農協は自分の首を絞めているだけにすぎないのです。

 

自分が農家ならどこに出荷したいかを考える

祖母の近くの農協はいいところなしなわけです。

なので祖母はそのJAに野菜を出荷をしないで、わざわざとなりのJAに野菜を出荷しに行くそう。

となりのJAということは、出荷しに行く時間は余計にかかるし、燃料費もかかりますよね。

 

ただとなりのJAはちゃんと挨拶もするし、対応もいいからそっちに出しに行っていると言っていました。

そういう農家は近所でも多いみたいです。

気持ちはわかりますよね。笑 わたしが農家でもそうするわ多分。

 

農協は農家が出荷してくれないと作物の販売ができないから利益も得られないわけですよね。

利益というのは手数料などのことですね。

出荷してもらえるように努力することもJAには必要なことです。

 

農協職員の給料って組合員から出ているんですよ。

それなのに上から目線でそういう態度しかとれないというのは、その農協の未来はたかが知れているようなものだと思います。

 

農協の対応は農協に返ってくる

こういうリアルな声を聞いてしまうと「これだから農協は・・・」って言われるのも理解できます。

元JA職員だからって擁護するわけではないですが、JAにはいいところもあります。

それはまた追々書こうと思います。

 

農協というのは各々で運営しているものなので、地域差は当然出てくるものです。

農業協同組合というくくりは一緒ですけど、お互いの陣地に入ったりすることはほとんどないんですね。

 

ライバルのようなものですよ。交流することもないし。

 

小さい農協だからこそできることは何か

今回知ったいいとこなしの農協は小さい農協なんです。

じゃあ小さい農協だからできることはなにかってことを考えなきゃだめですよね。

 

綿密な対応がきる、地域密着に力を入れられるとか。

職員がした対応っていうのは、自分たちに返ってくるんですよ。

給料にしてもそうですけど。

 

農家の所得が上がるためには自分たちは何をしたらいいのか。

野菜出したいならだしてねじゃあだめですよね。

資金を貸して返せないのなら、はいじゃあ畑を担保にしてね、ではその地域ごと終わってしまいますよ。

 

農家のためにどういうことができるのか。そこの考えが浅はかなような気がします。

ただ農家から搾取して終わるような農協も現実的にはある。

 

いろんな農協があるんだなあとひとつ勉強になりました。

したっけね!

https://www.yucataan.com/2018/06/27/ja-job/