農家

農家がSNSで発信する人が少ない3つの理由

はい、ゆかたん(@AgriBloger)です。

 

農家はじめ、第一次産業で働くひとたちってSNS発信するひとが少ないですよね。

別に非難してるとかそんなんじゃなくて、なんかもったいないなあというか。

 

おもしろいコンテンツを作れるネタはたくさんあると思うんですよ。

(第一次産業ってブルーオーシャンだよ・・・)

 

そもそもなんで少ないのかなと思ったので、3つ理由を考えました。

 

発信が少ない3つの理由

1.そもそも発信する必要性を感じない

これが一番大きいのかなと。

 

大抵の農家さんって収穫物の出荷先が決まってるんです。


そもそも出荷先が決まってなかったら商売できないからね!笑 あたりまえだね。

収穫物の90%くらいは行き先が決まってて、毎年同じ場所に出荷してるんですよ。

1年おきに出荷先を変えるひとも稀でしょうからね。

 

てことは、この場合だと個人宛に商売することはほとんどないですよね。

個人相手に商売すると労力も時間もかかるわけです。

大規模でやってる農家や人手が少ないひとほどそんな時間は割かない、というか割けない。

 

個人に販売すれば口コミなんかでニッチな客がつくこともあるし、メリットはわかってると思いますよ?

でも必然的に優先順位が下がっていくんだと思います。

 

2.SNSはハイカラ

(ハイカラってつかい方合ってるんだろうか・・・笑)

SNSやってるひと自体が少ないんですけど、これはまあ関心の問題もありますよね。

 

それに農家さんってみんな若くてピンピンしてるけど、機械に疎いひとが案外多い。

あんなに農業機械はいじくり倒すのになあ。笑

 

受け入れられない、というかSNSの世界を知らないというか。

SNSをうまく利用したらどんないいことがあるのかをわかっていない可能性はありますね。ベテランさんほど。

 

若いひとは趣味でやってる人は多いと思いますよ。身内程度でしょうけど・・・

 

なかなかハードルが高いというイメージが根強いと思います。

 

仕事に疲れてそれどころじゃない

肉体労働ですからね、これはわたしも気持ちわかるんですけど、しごと終わりは疲れてそれどころじゃないwww ヘロヘロやw

 

わたしだけかもしれないけど、田舎に住んで農業してるとスマホ見ないですね。

スマホ見なくても幸せなんですよね。

いいことなのか、なんなのか・・・

 

あわせて読みたい
単身で田舎暮らししたら思いのほかイケてた話生まれてこの方シティガールのゆかたんです。 そんなわたしが社会人になって勤めることになったのは地方の田舎でした。 大...

 

SNS発信したらいいこともある

ひとこと日記じゃどうしようもないですけど、ちょっと考えてツイッターとかブログとかやるだけでいいことあるんですよ・・・!

  • 情報収集(日本の〇〇地方の作況、天気とか)に役にたつ
  • 全国の農家仲間が増える
  • フォロワーや読者=ファンなので、農園や農作物に興味を持ってもらえる
  • 結果、個人の顧客を増やすことができる などなど・・・

 

何回も言うようだけど、個人を相手にするかどうかはその農家ごとで違いますけどね!

 

もちろんみんながみんなではないし、新規就農した人の方が発信はしてるイメージあります。顧客を作ろうという意思が見えるし。

 

そんなこんなで農家中心に第一次産業で発信してる人は少ないんだという結論にいたりました。

農家が発信するひとが少ない3つの理由
  1. そもそも発信する必要性を感じない
  2. SNSの世界・活用法を知らない
  3. 忙しくて疲れた後にやるのはなにかとめんどくさい

 

まあ個人の自由なんですけどね・・・!やってくれたら面白いのになあああああ!!!と農家好きは悶々しております。

したっけね!

ABOUT ME
ゆかたん
ゆかたん
ゆかたん農学校学長。シティ系農業ガールブロガー。 大学と農協でつちかった経験と知識を武器に、農業知識をやさしくアツく語ります。 北海道から産地直送でお届け中です。