カメラ

いつまでたっても写真が下手な原因と今すぐできる3つの上達法を教えよう

カメラ女子ゆかたん(@AgriBloger)です。

ゆかたん学長
ゆかたん学長
カメラをはじめたそこのあなた、自分は写真が下手だ、センスがないと嘆いてはいませんか?

 

この間、ふとスマホのカメラロールをさかのぼって見ていたら、自分がカメラ初心者の頃に撮った写真が出てきました。

5年ほどカメラはやっていますが、そのうち4年はいつまでたってもうまくならない・・・とわたしもよく嘆いていた気がします。(今もだけど)

 

じゃあうまいひととの違いってなんだろう?って考えたときに、自分との決定的なちがいが見つかったんですよね。

わたしがいつまでたっても写真がうまくならなかった原因と、そこからどうやって写真を上達させたか?今日はご紹介します。

 

ちょっとの意識で写真は変わりますよ。

自分の写真を変えたい!もっとうまくなりたい!そう考えているあなたにぜひ実践してもらいたい内容です。

 

いつまでたっても上達しないのは適当だから

わたしも道半ばですし、専業カメラマンでもないのですが5年やってきて1つわかったことがあります。

写真は適当に撮っていてはいつまでたってもうまくならないということです。

 

あなたはシャッターを押すその時、どういう写真を撮りたいかハッキリしていますか?

色味は、明るさは質感は、被写体は、テーマは?

記録的に撮るならいいですが、一つの作品のような写真を撮りたいならオート撮影で適当に撮っていても自分の理想にたどり着くことはずっと先になるでしょう。

 

ただなんとなくシャッターを切るだけ、撮ったらそれで終わり。では何年経っても納得する写真が撮れるようにはなりません。

 

写真がうまい人との違いは何か?

補足で言っておきますが、適当に撮ることが味になる写真もあります。

ピンボケしても、変な角度でもそれがいいって写真はたくさんあるのです。たとえば日常写真で家族や友達を撮影したときとかね。

 

ただ、適当にシャッターを切るだけではやっぱりうまくならないのです。(体験済)

わたしは5年間ずーっと撮り続けていたわけではありません。

4年くらいは適当に撮っていましたw 月に1回撮ればいい方だったし。

 

あるとき、『いつまでたっても自分の写真下手だな〜』って思ったときに何がダメだったのか?うまい人との写真のちがいは何か?と分析するようになりました。

最初は機材がちがうから・・・って片付けていたんです。

たしかにそれもあるんだけど、もっと根本的に違うことがあったんですね。

 

それは絞り、光、影、露出、構図、レンズ、撮る時間帯、撮影の角度など自分がいいと思った写真はそれらすべてが意識して撮られたものだったという事実でした。

偶然の産物ではないということです。(偶然のタイミングもあるけど)

こんな大事なことに何年も気づけてなかったんだワイの時間とは・・ってなりましたよw

 

誰でもできる写真がうまくなる撮り方

生徒
生徒
じゃあ初心者はどうしたらいいんですかー!!!
ゆかたん学長
ゆかたん学長
わたしがやってるお手軽な写真修行法を3つ紹介するので今日から実践していきましょう!

①撮影時にテーマを決める

今日の撮影はこのテーマで撮る!など意識することを決めましょう。

その日の撮影を1つのテーマで縛って撮るんです。それ以外は撮らないと決めることが大切。これは撮らないって決めることは案外大事だと思うんよね最近。

 

たとえば、日の丸構図を意識して撮る▼

撮影時間を決める(早朝、西日、夕日、ブルーアワー、夜など)▼

ピントをずらす(アウトフォーカス)▼

北大2これは失敗作なんだけどねw

寄って撮る

三国峠

下から撮る・上から撮る▼

広角で撮る・狭い範囲で撮る(レンズの問題)▼

ナイタイ高原

 

などなど今日はこうやって撮ろう!っていうのを決めてみてください。

 

②撮ったら反省会

そしてそのテーマで撮ったら必ず写真を見返して反省しましょう

なんかイマイチだな〜と思った写真はなぜイマイチなのか?分析するんです!

 

手前にピントがあっている。角度が美味しくなさそう。
ゆかたん学長
ゆかたん学長
次撮るなら上から撮影。カツオのたたきにピントを合わせる。

とかね!この反省点を次の撮影に生かしていきます。トライアンドエラーですね。

 

あと、人に見せるのはすごくいいことです。お蔵入りしないでどんどん人に見せましょう。

 

③ひとの写真を見る

これはとっても大事です。

うまいひとの写真をたくさん見ることはすごく大事で、撮り方の参考になることも多いです。

どうしたらこの色になるのか?景色の切り取り方は?が気になってきます。

自分に足りないものや、もっとこうしたいという欲望が出てくるからいいんですよ。

 

好きな写真家さんや目標になるひとを見つけるとなおよしです。

コピーはダメだけど、模倣することは全然ありなのでインスタやピンタレストを見てみましょう。

 

カメラ初心者の方に合う書籍ではこちらの本がいいですよ!▼

 

誰でも昔は下手だったんだし!

最後にわたしがカメラを始めた頃の写真を見てお別れしましょうwww

生徒
生徒
ひっでえな!
ゆかたん学長
ゆかたん学長
自分でも笑える

ひどいもんでしょうw まあ撮ってだしだけど(=編集なし)

うまくならないと落ち込んでる人はこの写真でも見て元気出してくださいw

 

5年くらい前、はじめて買ったのはオリンパスのコンデジでした。

今だとコンデジよりもスマホで撮った方が明らかに綺麗に撮れますけどねw

 

まあでもこれはこれでいいんですよ。すごくたのしかったのを覚えています。

全部オート(おまかせ機能)で撮影していたから機能の半分も使いこなせていなかったかもしれません。

 

でも、このときに味を占めていなかったらカメラは続いていなかったと思います。

今でこそまあまあな写真が撮れるようになりましたが、誰でも最初は下手だったんですよ。

でも写真はうまくなればなるほどたのしくなります。

 

ちょっと普段の撮り方を変えるだけで自分の写真が変わっていくのでぜひ、今日から実践してみてください。

したっけね!

初心者のはじめて購入するカメラの選び方は?▼

初心者がカメラを選ぶときの基準で大事なのはたった2つだけ!カメラ女子ゆかたん(@AgriBloger)です。 カメラをやっている人間からしたらこれほど答えにくい質問はない・・・w ...

センスって生まれつきなのか問題▼

センス
「センスのよさ」は圧倒的な経験から培われるものだということカメラ女子ゆかたん(@AgriBloger)です。 カメラをはじめて気づいたことは、センスのよさは圧倒的な経験に基づくものだってこ...
ABOUT ME
ゆかたん
ゆかたん
ゆかたん農学校学長。シティ系農業ガールブロガー。 大学と農協でつちかった経験と知識を武器に、農業知識をやさしくアツく語ります。 北海道から産地直送でお届け中です。