ゆかたん

イボ治療という名の試合を闘ってきたから記録する【イボファイト】

よお、ゆかたん(@AgriBloger)だ。

先日、ひとさし指の爪の根元にできたイボと闘ってきた。

なかなか手強い相手だったぜ。

今回はイボファイトと称し、通院記録を随時載せていこうと思う。

 

いいか、コレを読んでるキミはイボができたらすぐ皮膚科行けよ。

今日は第1試合の様子を残しておく。試合の結果は以下の通りだ。

 

イボは増殖する

イボはこれがいちばんやっかいだ。

わたしたちはどっからかヒトイボウイルスを持ってきて感染する。

ウイルス性だからイボに触れた皮膚には運が悪いと1個できたら2個、3個と増えていく。

 

ただわたしは奇跡的に感染していなかった。(セーフ!)

今回の治療してわかったことだが、イボは1個できたらすぐ皮膚科行った方がいいぞ!

イボはあればあるほど治療が大変だからな!!!

 

子どもなんかはイボができたら気になってむいてしまい、爪の間にウイルスが繁殖することもあるらしい。子どもには酷な治療だ。

 

イボには治療薬がない

医師
医師
液体窒素治療をします。
ゆかたん
ゆかたん
ああ、はい。(知ってます)

 

説明しよう!

液体窒素とは、マイナス196℃の物質で、冷たいを通りこして決して素手で触ってはいけないものだ!!!

ドライアイスを触ったら凍傷になるように、液体窒素はもっと激しい威力を持ち合わせている!!!

そこでイボ治療では、液体窒素を患部にジューーーっと直接つけてウイルスが生存できない環境にするのだ!!!

 

・・・オワタ( ◠‿◠ )

 

医師
医師
イボにはね、今のところ飲み薬も塗り薬もないの。だから液体窒素で治療するしか方法はありません。
ゆかたん
ゆかたん
Oh・・・
医師
医師
でも結構痛いです。治療しますか?
ゆかたん
ゆかたん
ああええと・・・(帰りたい)
医師
医師
大半の方は治療されていきますね。感染するし。
ゆかたん
ゆかたん
ですよね・・・(よし決めた!やるぞ!)

やりますと言ったら、0.5秒くらいで液体窒素につけられためっちゃ長い綿棒が出てきた

ゆかたん
ゆかたん
(・・・え!?もう!?こここここここ心の準備が!!!あいかわらず先生秒速なんだよなぁ・・)

 

第1試合(治療)

とはいえなんとかなるっしょ!こい!!液体窒素ォオオ!!!

ゴング

ゴングが鳴った。

 

治療が速攻ではじまり、なんどもなんども液体窒素がついた綿棒でジューッと押される。その間、1分くらい。

 

ワンプッシュ目

ワイ「あ?コレいけるかも!!ちょっと冷たいくらいだし!!!勝ち目あるよォオオ!!」

2プッシュ目以降

ワイ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

医師
医師
はい、いいですよ〜お大事に〜。
ゆかたん
ゆかたん
あ、ああああありがとうございました・・っ!(挙動不審)

 

 

 

 

 

治療後の待合室でのワイ

 

 

 

 

 

 

 

「あしたのジョー 」の画像検索結果引用:あしたのジョー

 

 

 

 

試合終了。完敗だ。

 

ちなみにコレはリアルな様子だ。

 

 

 

 

 

帰り道。

ヒイァアアアアアアアアアアアア!!!!!!!指もげるぅううううううんごぉおおぉぉおお!!!!!!!!

なんか知らんけど指の根元から痛いよ!?爪の根元の治療なのに!?帰ったらブログ書こうと思ったけどこれタイピングできないって!むりむりむりむり!!!!

 

 

電停で待っていた隣のおじさんに「いやあコレ痛いんすよお」って声かけたくなるレベルには冷静さを欠いていた。

 

待合室でジョーみたいな姿をしていて受付のお姉さん方は不審に思われたことだろう。
他の患者がいなくてよかった。

5ミリくらいの大きさなのにあの破壊力は敵ながらあっぱれ。

 

治療して数時間経った写真がこちらだ。特段グロくもないから安心してくれ。

イボ3黒くなっとる〜!!

 

一晩たったら痛みが引いたが、数日たった今でも時折痛い瞬間が訪れる。

そして現在、お見せできないほどの見た目になってしまったので、写真を載せるのは控えておこう。

文字で伝えると、白かったイボが真っ赤になって内出血しており、肌がえぐられてるような見た目になっている。というか一部はがれて皮膚むき出し。

 

ちなみに「この大きさじゃ一回では治らないわねえ〜。」と言われたので、あと1試合以上確約されているらしく、今から戦々恐々だ。

2〜3週間空けてまた通院の予定。

 

第2試合(治療)に向けての豊富

イボ2

初戦は完敗だった。ぶっちゃけもうやりたくない。

だって2回目の方がゼッタイ痛いやろ。こっちは出血してんねん。

ただ、わたしだってばかじゃない。

ここでひとつ対策を練ろうと思う。

 

ヒトは痛いとき苦しい時に歯を食いしばる。そして息を止めがちだ。

これはあまりよくないらしい。余計痛くなるんだそうな。

それに気づいたわたしは次の試合は完璧に呼吸をコントロールして痛みを抑えようと思う。

 

痛いのはもう仕方ないので呼吸で心を沈めるしかない。

息を止めずにリラックスしながら腹式呼吸。瞑想する勢いで。

これなら勝算があるだろう。目指せ、無。

 

次回は第2試合の様子と経過をお届けしたいと思う。お楽しみに。

 

グッナイ。

 

ABOUT ME
ゆかたん
ゆかたん
ゆかたん農学校学長。シティ系農業ガールブロガー。 大学と農協でつちかった経験と知識を武器に、農業知識をやさしくアツく語ります。 北海道から産地直送でお届け中です。