農業

わたしがパセリを克服できたのはパセリ農家への想いがあったから

どーもブロガーゆかたん(@AgriBloger)です。

 

みなさん、パセリって食べれますか?よく料理の端に控えめにいるあいつ。

わたしは「パセリって食べるものなの?」とそもそも食べる前提がなかったんです。

 

なんなら飾りだと思っていました。野菜より「草」というイメージ。

 

それにあのつよい苦みがニガテだったんですよねー。

でも、ある日からわたしはパセリを克服する決意をします。

 

パセリ農家を特集した動画を見た

www.youtube.com

こんな短い動画を見ただけでしたが、この日からパセリに対しての意識が変わりました。

 

パセリも野菜の一種なんでパセリ農家がいます。

 

わたしはまずそこからちゃんと考えたことがなかった・・・そりゃ道端に生えてるわけないわな。

 

パセリ農家にテレビ局の人間が問います。

「パセリが8割が捨てられてしまうということに対してどう思いますか?」と。

 

農家さんはそうなんですか・・・と驚いた様子でした。

「今年は美味しくできたと思ったと思ったのに。」

「我が子のように育てている。」

 

そう農家さんが言った瞬間、ハッとさせられました。

 

捨てられること前提で作物を作る農家はいない

パセリも立派な野菜だったことに気づかずわたしは反省しました。

 

わたしたちが口にいれるものには必ずつくる人間がいるということです。

人が食べるものを作るのが農家です。

 

農家は毎年美味しいものが作れるように努力を重ねます。

去年よりいいものを作れるように勉強します。

 

そして、種から出荷に至るまで手間と愛情をかけて育てているんです。

それはパセリだってトマトのような主役級野菜だって一緒なんですよね。

 

料理に添えられているミニトマトは食べても、パセリは食べないのはパセリ農家に失礼だと気づきました。

だからその日からパセリも残さず食べる決意をしたんです。

 

パセリを克服しよう・・・!

で、パセリ食べてみました。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・う~ん、苦い(^ω^)

 

最初はどちらかというと美味しいとは言えず・・・ニガイですとりあえず。笑

 

あまり噛まないで最初はならしていきました。

味は慣れですかね、あともはや気合だよね笑。 残したくない!!!っていう気合い。

 

パセリは栄養たっぷり野菜!!!

パセリってハーブの仲間なんです。

セリ科。だからちょっと渋みがあるんですねえ。

 

ちなみにセリ科といえばニンジンですね~。確かに葉っぱの形が似ています。

パセリって実は栄養たっぷり野菜ってみなさん知ってました???

ビタミンA、C、 Eなど多くの栄養素を含む、ハーブの中でも栄養価の高い野菜です。みじん切りにしてソースやスープに入れたり、揚げ衣に混ぜたりと、付け合わせ以外にも活用できます。
葉にはクロロフィルが含まれおり、コレステロールの上昇を抑制したり、貧血を予防したりする効果が期待できます。
香りの主成分はアピオール。胃液の分泌を促し、消化を促進したり、食欲を増進させたりする働きがあるといわれます。

KAGOME VEGEDAYより

 

パセリを 一度にたくさん食べることは少ないかもしれないけど、栄養価高いんですね~。めっちゃいいやつじゃんパセリ!

添え物にするには勿体ないかもしれないですね。

 

パセリレシピはたくさんある!

調べたらパセリ料理って色々ありました!

あとは、ドライパセリにして調味料に使うのもよさそうです。erecipe.woman.excite.co.jp

www.recipe-blog.jp

cookpad.com

これからもパセリ農家のためにパセリを食べ続けよう

結果的にわたしは農家のためにパセリを食べるという感情からパセリを克服しました。

 

自分の中で農家はとても偉大なんです。少しでもいいから力になろう、そう思えたからまずいなんて思うこと自然となくなりました。

つくってくれたものは大事に頂かなくてはなりません。

 

わたしは苦手意識を克服したパセリをこれからも食べ続けます。

 

苦手な人も今まで食べたことなかった人にもチャレンジしてもらいたいなあ。

それでも苦手だわ・・・って人は、パセリにも農家がいるんだってことを覚えていてほしいです。そして、粗末に扱わないでほしい。

 

それだけでも全然違うと思うので。

したっけね!