読書

【おすすめ漫画】毎日つまらない奴は「宇宙兄弟」を読むべし

どーもー。道産子ブロガーゆかたんです。

 

今日はわたしの目を覚ましてくれた漫画をひとつ紹介します。

小山宙哉作 「宇宙兄弟」です。

 

こどものとき、大人にはよく言われた言葉がありました。

 

「あんたにそれはできないよ。」「身の丈に合ったことをしなさい。」

そんなことを言われ続けると、こども自身そう思い始めるようになっていました。

 

「自分にはどうせできない。」「諦めよう。」

 

自分で自分にブレーキをかけて生きるようになっていました。誰かが敷いてくれたレールの上を歩んできた人生だったんです。

宇宙兄弟はもうそうやって生きていくのはやめよう、と気づかせてくれた作品です。

 

全日本人に捧げたい作品だよ!

 

主人公ムッタは読者と同じ人間

物語は主人公、兄の南波六太と弟の南波日々人が2人で宇宙飛行士を目指すぞ!というシーンから始まります。

 

しかし、宇宙飛行士になったのは弟の日々人だけ。月に行くことが決定しています。

一方ムッタは自動車メーカー勤務だったものの、上司に歯向かいクビになっていました。笑

 

クビになったところからムッタの人生は大きく動き出します。

 

ムッタは凡人で日々人が天才なのか

ムッタは世間に溢れる「ちゃんと現実見てる系」の人間です。

ムッタは子供のころ、同級生や先生に「お前は宇宙飛行士なんかになれるわけがない。宇宙飛行士になれるのは天才だけだ。」と言われ続けます。

 

そして夢を現実的に諦めてしまった結果、サラリーマンになりました。

ムッタは多くの読者の鏡的存在なんです。

 

こういう経験は誰しもあるはずなんです。わたしも自分には無理だってブレーキをかけたことが何回もあります。

でも日々人は違いました。「自分の中の」絶対を信じていたから宇宙飛行士になれた。

 

この兄弟は夢に対しては対照的なふたりだったんですね。

 

しかしある日から宇宙飛行士選抜試験を受けることになった六太。

選ばれなかった(と思い込んでいる)人間の人生がどう変わり、どう変えていくのか。

 

好きなことで生きていくことは本当にできないのか。

もう一度夢をみようとこのマンガは説いているのです。

 

ムッタは凡人だから宇宙飛行士になれない=夢を叶えられないというのは違うと小山先生は言っているように思います。

宇宙飛行士という職業を通してひとりの人間の一生を描いたストーリーです。

 

すべての登場人物に愛が溢れる作品

このマンガは出てくるキャラクターほとんどにスポットライトがあたっています。

嫌なキャラも可愛げのないキャラも、それぞれの抱える事情や想いがあってそういう人間になっているのだと理解できるんです。

 

自分の周りの人間も色んな葛藤を抱えながら生きていて、むやみにそれを否定したりしてはいけないと気づかされます。

そして人は誰しも情熱を捧げたものがあって、夢があるんだということも。

 

さまざまなキャラクターの人間性を理解することで、宇宙兄弟の面白さが深まっていますね。

 

南波兄弟を支えたひとりの女性

f:id:yucataanction:20180531120922j:plain

わたしはこのマンガに出てくるひとりの女性キャラが大好きなんです。

小学生だった南波兄弟と出会い、ずっと彼らを支え続けている天文学者のシャロンです。

 

彼女が発するコトバはいつも自分自身にグサグサ刺さってきます。

南波兄弟は悩んだ時はいつもシャロンに相談していました(彼らの両親は自由奔放なので笑)。

 

彼らが悩んだときやターニングポイントになるときはいつもシャロンがいます。

ムッタが宇宙飛行士選抜試験は受けないんだと言ったときも、むかしはそういう子じゃなかったとシャロンは諭します。

 

むかしのあなた(ムッタ)はなんでもチャレンジする子だった。やってみなきゃ始まらないのよ。

あなたにとって金ピカなことはなに?と問いかけます。

 

わたしが好きなシャロンの名言をちょこっと紹介!

「迷ったときはね、どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。どっちが楽しいかで決めなさい。

悩むならなってから悩みなさい。

「私が夢だった天文学者になれたのはきっと若き日の”ドキドキ”を信じたからです。もしあなたが何かの瞬間抑えきれない心臓の高鳴りをきいたら信じてみてください。

 

宇宙兄弟を読めばたくさんの名言に触れることができます!

大人にこそ響くコトバがあふれているんですよ!!!

 

ちなみにわたしは一巻ずつ読み終えるたびに泣いてますwww

宇宙兄弟「心のノート」というのが作品の名言集になっていてすごくアツくなれる本です。

こちらもおすすめですよ。▼

宇宙兄弟は自分の人生に熱くなれるマンガ!

ちょっと毎日つまらないんだよなって人にこそ読んでほしい漫画です。

心がアツくなること間違いなし。なんなら全日本人に捧げたい。

小山宙哉「宇宙兄弟」は33巻まで発売されされています。

これからも自分の人生にどんどんアクセルを踏んでいこう!

したっけね!